無理なく家賃が払える賃貸物件を探す

家賃をいくらまでなら出せるかを決める

はじめて一人暮らしをするという人は、賃貸物件をどのように探せばよいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。いきなり物件探しから始める人も中には居ますが、順番としては正しくありません。なぜなら何も決めずにいきなり物件探しをしても、その物件が自分にとって良い物件かどうかの判別ができないからです。知痛い物件を探す前に決めなければいけないことがいくつかあります。中でも真っ先に決めなければいけないのが家賃の上限です。賃貸物件に住むという事は毎月家賃を支払わなければいけません。いくら自分にとって最適な条件の部屋でも家賃を支払えなければ住めませんから、いくらまでなら毎月家賃を払えるかを決めておきましょう。だいたい収入の3分の1までにしておくと家賃の支払いがきついと感じないでしょう。

住みたいエリアを考えよう

家賃を決めたら、いよいよ部屋探しをするわけですが、その前にもう1つ決めなければいけないことがあります。それは住むエリアの選定です。住むエリアは基本的に利便性を重視して決めると良いでしょう。特に勤め先や学校などがある人は、そこに通いやすいエリアで部屋探しをしたほうが快適に暮らすことが出来ます。しかし最寄り駅のみに設定すると、場合によってはなかなか条件に見合った部屋が見つからないので、前後3駅くらいを許容範囲として探したほうが理想の部屋が見つかりやすいです。また勤め先や学校を基準にせずに休日などによく出かける場所を重視して部屋を探すというのも1つの手です。この場合は出かける場所と勤務先や学校などが同じくらいの距離になるエリアや、勤務昨季や学校に行くまでに出かける場所を通過するようなエリアの部屋を探すと良いでしょう。