単身赴任中のサラリーマンに合う賃貸物件とは

家具・家電付の賃貸物件なら低コストかつ入退去時も楽々

単身赴任生活の準備をする上で、面倒なことの1つが家具・家電の用意です。生活するためには、最低限の家具・家電が必要ですが、1から揃えるとなるとそれなりにまとまった出費になります。また、購入した家具・家電を室内にセットするのも手間です。さらに、物件退去の際は、揃えた家具・家電を自宅に持ち帰るか処分するか決める必要があり、どの対応を行うにしても費用や手間がかかります。

そこで便利なのが家具・家電付の賃貸物件です。冷蔵庫や洗濯機、テレビなどの家電から、ベッド、ソファなどの家具まで、全て入居時に揃っているため、引越しの際の手間やコストが大幅に削減できます。また、家具・家電はそのまま残して退去すれば良いので、単身赴任を終える際の引越しも楽々です。

駅に近い賃貸物件はアクセスが良く周辺施設も豊富で利便性が高い

駅から近い賃貸物件は人気が高い傾向にありますが、単身赴任のサラリーマンにもおすすめです。ポイントの1つは周辺施設が豊富であること。単身赴任の際、自炊ではなく外食が多くなる方もいるでしょう。そんなとき、家の周りに食事できる場所が複数あれば便利ですよね。駅の周辺にはさまざまな施設が集まっていることが多く、飲食店などが密集している傾向にあります。家の近場でいろいろなものが食べられれば飽きずに食事が楽しめそうですよね。また、スーパーやコンビニ、銀行など、生活に必要な施設も揃っていることが多いため、暮らしやすいと言えるでしょう。

もう1つのポイントは、家族の住む自宅に帰りやすいということです。駅から近ければ、赴任先から自宅に帰る時もスムーズでしょう。1人家族から離れた場所で仕事をするのは大変なことですが、家からすぐ駅に向かい自宅に帰れると考えれば、きっと乗り切れるのではないでしょうか。